スターバックス「ミルクカスタードプリン」と「チョコレートプリン」が日本初上陸

再生再生ボタン

こんにちは、クロジです。

スターバックスが2016年11月10日に発売した、日本初上陸のスイーツ「ミルクカスタードプリン」と「チョコレートプリン」を食べました。

韓国のスターバックスではすでにプリンの販売があったのですが、今回販売されたふたつは日本向けに開発された限定商品とのこと。

濃厚な味わいと食感、滑らかな舌触りにこだわって作られたそうです。

ミルクカスタードプリン

milk-custard-pudding-and-chocolate-pudding-1
白いカップ

まずこちらが「ミルクカスタードプリン」のパッケージ。320円(税抜)で販売されています。たっぷりの卵とクリーム、牛乳、砂糖で作ったリッチな風味が特徴なのだそうです。

milk-custard-pudding-and-chocolate-pudding-2
なめらかなプリン

ふたを開けると、なめらかな姿が現れました。色は一般のプリンよりも白っぽい黄色です。

milk-custard-pudding-and-chocolate-pudding-3
プルプルの食感

すくって口に運んでみると、やはり色のとおりミルク感が強い印象。卵の風味よりも、牛乳やクリームの味を強く感じました。

milk-custard-pudding-and-chocolate-pudding-4
キャラメルソース

カップの底にしかれたキャラメルソースは、そこまで苦味が強くなく、こちらも優しい味わいでした。

チョコレートプリン

milk-custard-pudding-and-chocolate-pudding-5
期間限定のカップ

「チョコレートプリン」のパッケージは、ホリデーシーズン限定の“Starbucks Red Holiday Cups”デザインを施したスペシャルカップ。3種類用意されていますが、なくなり次第、通常の黒カップに切り替わるそうです。

milk-custard-pudding-and-chocolate-pudding-6
カカオの香り

チョコプリンということで、中身は黒色。コーヒーとの相性を考え抜いて開発されたオリジナルチョコレートを使用しているそうです。カカオの香りがいい感じ。

milk-custard-pudding-and-chocolate-pudding-7
あっさり甘いチョコレート

あっさりとしたチョコレートの甘味が印象的でした。コーヒーに合わせたのか、苦味はひかえめです。

milk-custard-pudding-and-chocolate-pudding-8
トロトロのチョコレートソース

こちらはキャラメルではなくチョコレートソース。甘みが効いてます。


どちらのプリンもあっさりとしていて、コーヒーと合わせていただくことを前提としたお味になっている印象でした。

単体で食べると少しもの足りなさを感じそうですが、食後や飲み物のおともとしてならば丁度いいのかもしれません。

人気の商品ということで、現在入荷してもすぐに売り切れてしまうようです。電話などで入荷状況を確認した上でお店へ向かうと、確実に手に入るかと思います。

新しいスターバックスの顔になりそうな商品。すこしお値段は張りますが、よかったらお試しあれ。